妊娠中 むくみ 解消法

妊娠中に起こる肌のむくみを解消する方法

妊婦になると、さまざまなトラブルを経験する方も多いと思いますが、その中でも代表的なのが「むくみ」です。指がウィンナーのようになった、足首がなくなったなど、健康面や美容面で大きな問題となりますね。

 

妊娠中には、赤ちゃんに栄養を送るために血液量が増加します。
妊娠前の体内の細胞組織の液体と血液の均衡が崩れ、必然的に妊婦の体はむくみやすくなってしまうのです。また妊婦は運動不足になりがちだったり、つわりによって栄養が偏ったりしやすいのもむくみが起こる原因です。

 

そのほか、冷えなどによってもむくみが促進されてしまいます。
さらにホルモンの影響や、大きくなった子宮によって血管や足の付け根のリンパが圧迫されることでも足や下半身がむくみやすくなります。

 

妊婦だから多少のむくみは仕方ないと放置してはいけません。妊娠中は静脈瘤が出やすくなるなど、むくみを放置するとおそろしいトラブルを招く危険もあるのでそのままにしておくのは避けましょう。

 

妊娠中にむくみが気になるときには、リンパマッサージがおススメです。
おなかまわりは赤ちゃんに負担を掛けないようにさけます。

 

お風呂上りやリラックスしているときに、足先から徐々に上の方にマッサージをするだけで、下の方にたまった老廃物や余分な水分を流れやすくすることができ、むくみ改善にとても役立ちます。

 

おなかが大きくなりすぎて手が届かない場合は、横になった時に足の下にクッションなどを置いて、下に水分が貯まらないようにしたり、家族にお願いしてマッサージしてもらうのがいいですね。

 

それから足浴もおススメ。血行が良くなって滞りがちな血流がスムーズになるだけでなく、妊婦さんのリラックスにも大いに役立ちます。またウォーキングや加圧ソックスも有効です。

 

それに食事にカリウムを多く含むりんごやバナナを取り入れるのもポイントです。
体内の水分のバランスが崩れているのを改善してくれます。

 

見た目にも健康にも良くない妊娠中のむくみを上記の方法で解消して、素敵な妊婦ライフを満喫してくださいね。