妊娠中 出産後 お肌トラブル

妊娠中のシミ・ソバカス・黒ずみを予防する紫外線対策

妊娠するとシミやソバカス、肌の黒ずみが増える、という話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。実際に、妊娠をすると妊娠前よりもシミや黒ずみが出来やすくなり、ソバカスが濃くなる可能性が高くなります。

 

その原因は、妊娠することにより黄体ホルモンが増えるせいなのです。

 

黄体ホルモンとは、妊娠を継続するために必要なホルモンですが、一方でメランニ色素の生成を活発にするという嬉しくない働きもあります。

 

メラニンが増加する事でシミが出来やすくなったり、元々あったソバカスが濃くなるという現象が発生してしまうのです。妊娠中は、この黄体ホルモンを抑制することは不可能ですから、シミやソバカスを予防する為には紫外線対策が欠かせません。

 

シミやそばかす、黒ずみを作らない為に紫外線対策

 

紫外線対策といえば、忘れてはいけないのは日焼け止めです。
外出時だけてはなく、建物の中にいる時も紫外線は降り注いでいますから日焼け止めを塗る事を毎日の習慣にしましょう。

 

妊娠中の日焼け止め選びで注意したいのは、SPFが低めで紫外線吸収剤が不使用なノンケミカルか、紫外線吸収剤がカプセルに包まれ直接肌に触れない処方になっている製品を選ぶことです。
SPFは、高いほど肌に与える負担も高くなるので、肌が敏感に傾く妊娠中はSPFの低いものを何度も塗り直すことがベストです。

 

SPFの高さは、紫外線カット力の強さを表すものではなく、どの位の時間紫外線カット力が続くかという事なので、低SPFであっても何度も塗り直せば紫外線カット力には問題はありません。
また、PAは出来るだけ多い製品を選ぶ事が大切です。

 

日焼け止めを塗る以外の紫外線対策としては、つばの広い帽子を被ることや日傘などの使用がお勧めです。そして、紫外線というのは目からも吸収しますからUVカット効果のあるサングラスも有効です。

 

サングラスならどれでも良い訳ではなく、必ず紫外線カット効果のあるものを選択しなければいけません。ただのサングラスでは、余計に紫外線を吸収してしまうこともあるのです。

 

このように、妊娠中のシミとソバカスは黄体ホルモンの影響でメラニン色素が増加する事によって増えやすくなります。しかし、ホルモンはどうにも出来なくても紫外線対策をきっちりと行う事で予防する事は可能なのです。

 

シミや黒ずみができた時の対策

 

気づいた時に、すでに黒ずみやシミ、そばかすができてしまったという妊娠さんも少なくありません。既にそういった状況になればどうすればいいのか?

 

それは、肌をスキンケアで保湿することが重要。
シミやそばかす、黒ずみができる肌の状態は乾燥していることがほとんど。

 

肌が乾燥して弱まっていると、新陳代謝が活発に行われず、いつまで経っても黒ずみやシミを取り除くことができません。まずは、肌を健康な状態にする為に乾燥を防ぐ保湿をする必要があります。

 

肌が色素沈着している箇所を入念に保湿することで、肌が新陳代謝を起こしやすくなります。シミや黒ずみが出来てしまって諦めずに、毎日の保湿ケアをすることをオススメします。

 

特に妊娠中に黒ずみができやすいのが脇の部分。脇は、脱毛や下着の擦れなどの影響で刺激を受けやすいので注意が必要です。もし脇の黒ずみにも保湿が必要です。今では脇の黒ずみ専用の保湿スキンケアなどもあるのでぜひお試し下さい。

 

肌をシミ、そばかす、黒ずみから守る為には、紫外線対策と毎日の保湿ケアが必要です。
出産後、美しい肌を早く取り戻せるように日々のケアを頑張りましょう。